思春期からの念願の脇脱毛をしました

思春期からの念願の脇脱毛をしました

 

思春期の頃から徹底的にムダ毛の処理を行ってきました。特に脇毛は絶対にキレイにしていきたいと思っていたので毛抜きやカミソリで一生懸命剃っては生えての繰り返し…しかもカミソリ負けして流血なんかも当たり前でした。それが当然だと思っていましたし、せっけんやボディソープをつけて滑りを良くすれば防げるかな…くらいに思っていました。セルフケアはそういったトラブルも多く、しかもすぐに生えてくるので黒い生え始めのブツブツでザラザラお肌もみっともない感じでした。
その毛を一生懸命毛抜きで抜いては埋没毛…これでは永遠にキレイな肌にはなれません。
そんな思春期をすごし、社会人になってから脱毛サロンで処理をしました。期間は3カ月に1回ほど通って約2年、時間をかけて通いましたが今ではすっかりキレイな肌ですし、もうその処理の時間とセルフケアのトラブルから解放されてストレスフリーです。

 

脇脱毛のサロンは通うのがちょっと…

 

腋毛ってなんで見られるとこんなに恥ずかしいのでしょうね。
むかしの日本人女性はたぶん腋毛の処理などしていなかったのではないかと思うのですが、いつから腋毛は剃ったり抜いたりしないといけなくなったのでしょう。洋服で脇が見えるようになったからでしょうか。ヨーロッパでもむかしは腋毛は剃っていなかったようですし、いまでも地域によっては生えっぱなしでOKというところもあるようです。いずれにしても、現代に生きる日本人女性としては腋毛の処理からは逃れられません。処理してもすぐにまた生えてくるのでいっそうのこと脱毛サロンできれいさっぱり永久脱毛がしたいです。
ただ、永久脱毛って一度行って処置をしてもらえば終了というものではなく、何度か通い続けなければならないみたいで面倒ですね。